服の生地を自分に似合うものにする

上半身に悩みがある場合

女性は自分が好きな服と、似合う服が異なる場合ってありますよね。好きな服を見つけて購入したけど、体型のせいかあまり似合わなかった服はクローゼットに入れっぱなし方も多いのではないでしょうか。 上半身の悩みと言えば、二の腕の太さ、胸の大きさといった悩みがありますよね。パーツが太い、大きいで悩んでいる場合、厚くて固い生地を選ぶのはNGです。イメージしやすい例として、デニムシャツの場合、厚くて固いものだと窮屈でパーツが強調されやすく、大柄に見えやすい気がしませんか?同じデニムシャツでも、柔らかな生地を選ぶといいかもしれません。 反対に華奢な上半身、胸が小さくて悩んでいる場合は、柔らかなシフォン生地などはさらに華奢で幼く見えることがあります。同じ系統の服でも柔らかすぎない生地にすることで、華奢すぎず全体のバランスが取れてきます。

下半身に悩みがある場合

多くの女性はお尻や足にコンプレックスを抱えていますよね。特にお尻が大きい、足の太さが気になっているという方には、伸縮性がある生地をおすすめします。生地の固さにかかわらず、伸びない生地を穿いていると、歩いている時やしゃがんだ時などふとした動作で窮屈なシルエットになってしまいます。お尻のボリュームがなく悩んでいる場合は、柔らかいとろみ生地の中でも少し厚みを変えるだけで、体型にフィットしすぎずぺたんこが解消されますよ。

体型の悩みは、服のシルエットや色味でカバーするという手の他に、生地にも注目してみてください。着たい系統の服があるのにどこか似合わない、しっくりこないといった悩みを解決してくれるはずです。